板倉構法講習会の開催について【東京会場/山形会場】

板倉構法(落とし込み板壁)の構造と外壁の防火性能に関する講習会を東京都と山形県にて開催いたします。

板倉構法は、耐力壁として木摺りタイプで壁倍率最大2.2倍、桟付きパネル式で最大3.4倍の国土交通大臣認定を取得しています。また、木摺りタイプでは外壁の防火構造の国土交通大臣認定も取得しており、2階建てまでの住宅において、準防火地域(床面積500㎡以下)、法22条区域(床面積3,000㎡以下)の延焼のおそれのある部分の外壁を、木材だけで構成した落とし込み板壁で設計・施工することができます。

講習会では、従来の「木摺りタイプ」、より強度の強い「桟付きパネル式」の設計と施工の留意点や、金物を使わない長ほぞ込み栓による仕口の性能、外壁の防火性能についても詳しく解説します。また、住宅の火気使用室の内装制限の緩和措置(国土交通省告示第225号、コンロや薪ストーブ等に近い部分を除き木材あらわしとできる)についても、取り上げます。

尚、講習会受講者に対しては、確認申請時に添付するための下記認定書の複写を配付します。
①板倉構法の壁倍率認定書・防火性能認定書の複写
②長ほぞと込み栓による柱脚接合部の性能試験評定書の複写
③桟付きパネル式板壁の大臣認定書の複写

皆様のご参加をお待ちしております。

 

■主 催:NPO木の建築フォラム、一般社団法人日本板倉建築協会
■日 時:【東京会場】2018年1月20日(土)13:00~18:00
     【山形会場】2018年3月11日(日)13:00~18:00
■内 容: 板倉構法の設計と施工、構造と材料、金物を使わない仕口の性能、外壁防火性能、桟付パネル式板壁構法
■講 師: 安藤邦廣(筑波大学名誉教授)河合直人(工学院大学教授)安井 昇(桜設計集団一級建築士事務所)
■費 用: 一  般:70,000円(教材費含む)
     会  員:50,000円(木の建築フォラム、全建連、全建総連、日本板倉建築協会会員)
     再受講者:20,000円(前述の①②の認定書をお持ちの方)
     オブザーバー:無料(行政関係者、建築指導に関わる方)※テキスト代別途5,000円 
■定 員: 50名
■申込締切:【東京会場】2018年1月9日(火)
      【山形会場】2018年2月28日(水)

板倉講習会案内_東京・山形
板倉講習会申込書_東京・山形

  • 板倉建築とは
  • 会員紹介
  • ご入会案内
  • 出版・会誌